ペットの老化に寄り添う

ペットの不安を受け止めて、のんびり付き合いましょう

ペットと何年も共に生活を続けると、ふと「歳をとったな。」と思うときがきます。
人の老化と同じで、毛づやが悪くなる、食欲が低下する、視力聴力が低下する、足腰が弱くなるといった体の変化や、ボーっとしている、頑固になる、攻撃的になる、過度の甘えんぼになるといった心の変化も現れてきます。

老化にあわせた健康管理は、食事や住環境、飼い主の態度などに注意が必要です。
愛犬の散歩コースを心と体に負担のないコースに変更したり、そそうをしても叱らないといった心のケアなどに配慮します。
無理強いせずに、のんびりつきあうことが大切です。
ペットの変化を受け止めて、ペットが安心して暮らせるように心を配りましょう。

しかし注意しなくてはならないのは、「一見老化現象に見える変化が、実は病気のサインかもしれない」ということです。
安心のためにも、早めに相談に来てください。

健康管理の12ヵ月 | ペットからのSOS | ペットの老化に寄り添う